RunningCSharp

.net中心の開発話。記事は個人の見解であり、所属組織を代表するものてはありません。

C#で書いたカスタム属性をVB(.net)でも書いてみる

VBを使い慣れない私が、カスタム属性クラスを適用するテストコードをC#で書いた後、そのコードVBに書き直してみただけの記事です。

C#

    //文字列を保持するだけの属性
    public class TestAttribute : Attribute
    {
        private string val;
        //属性のコンストラクタ
        public TestAttribute(string testValue)
        {
            val = testValue;
        }
        //コンストラクタで入れた文字列を返すプロパティ
        public string Value
        {
            get { return val; }
        }
    }
    //Test属性を適用したクラス
    [Test("TestValue")]
    public class TestClass
    {
    }

    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //TestClassに指定されたTestAttributeを取得
            var att = (TestAttribute)Attribute.GetCustomAttribute(typeof(TestClass), typeof(TestAttribute));
            //TestAttributeのValueを取得
            Console.WriteLine(att.Value);
        }
    }

上記処理をVB(Visual Studio 2015)で書き直してみます。

'文字列を保持するだけの属性
Public Class TestAttribute
    Inherits System.Attribute
    Private val As String
    '属性のコンストラクタ
    Public Sub New(ByVal testValue As String)
        val = testValue
    End Sub
    'コンストラクタで入れた文字列を返すプロパティ
    Public ReadOnly Property Value() As String
        Get
            Return val
        End Get
    End Property
End Class

'Test属性を適用したクラス
<Test("TestValue")>
Public Class TestClass
End Class

Module Module1

    Sub Main()
        'TestClassに指定されたTestAttributeを取得
        Dim att As TestAttribute = Attribute.GetCustomAttribute(GetType(TestClass), GetType(TestAttribute))
        'TestAttributeのValueを取得
        Console.WriteLine(att.Value)
    End Sub

End Module

書いてみた結果、継承、コンストラクタ、プロパティ定義やら、C#VBでの書き方の違いを見比べられて少し良いなと思いました。